目に見えない障害「高次脳機能障害」とは一体なに?

交通事故による被害として主に考えられるのは、大きな怪我をはじめとしてその他にも外傷的な部分が非常に大きくなります。
このような怪我などを基準としてさまざまな保証内容が決められているのですが、近年では高次脳機能障害についても注目が集まっているため怪我をしてしまった部分についての後遺症認定とは別の部分で高次脳機能障害に関しても、後遺症認定を行うことが可能になっています。

高次脳機能障害で起こる症状とは?

さて高次脳機能障害というのはどのようなものかというと、交通事故によって、それまでとは1部の感覚に変化が現れてしまうことなどを言うのですが、高次脳機能障害にはそれぞれで等級があり、このような等級に当てはまる場合には後遺症認定を行い、保証を受けることが可能です。
例えばこれまでは非常にスピーディーに仕事をこなすことができていた人でも交通事故の被害に遭ってしまったことによって怪我は治ったものの、その後仕事の速度が著しく低下してしまうなどといった場合には脳神経に何らかの影響があり、このような症状が出ていると考えられます。

そのため精密検査を行い、高次脳機能障害の階級をしっかりと決定した上で後遺症として相当の保証を受けるようにしましょう。
高次脳機能障害として考えられているのは、遂行機能障害や失語症、半則空間無視、記憶障害、注意障害その他にも行動や情緒障害などがあります。
このような部分でしっかりとした後遺症認定を受けるためには当然ながら高次脳機能障害について詳しい知識を持った医師のもと、検査を行わなくてはなりません。
しかし保険会社側から通う病院を指定されてしまったり、自分で選んだ病院が個人の機能障害について詳しい知識を持っていないと考えられる場合には自分にとっての味方がいなくなってしまいますので、後遺症認定を行うのも難しくなります。

高次脳機能障害に詳しい医師に診断してもらうことが大切

そこでご自身の中に高次脳機能障害の懸念があるようであれば、保険会社に一言話をした上で詳しい知識を持つドクターのいる病院への転院をすることや、弁護士に相談し弁護士経由で現在通っている病院の医師高次脳機能障害の検査をしてもらえるように話をしたり、さらに大きな病院への紹介をしてもらうようにしましょう。
外見的に大きな障害が見受けられなくても精密検査を行うことによって、様々な中枢神経などに障害が生じていることもあり、こうした障害を見逃してしまうと気がつかないうちに示談が成立してしまうことになるため、その後万が一の症状が現れた場合にもなんの保証も受けられなくなってしまいます。

そうなってからでは自分の中で後悔しか残りませんので、特に交通事故にあって頭を強く打ってしまったという場合や、全身を強く打ち付けてしまったような場合には高次脳機能障害を懸念した上で精密検査を必ず受けるようにしましょう。